直接請求制度法律上の違い

地方公共団体には、地方自治法で定められた直接請求の制度がある。条例の制定と改廃の請求権、事務の監査請求権、議会の解散請求権並びに議員と長と役員の解職請求がそうです。これらはすべてその要件に違いがあります。地方自治法は、憲法92条に定められた地方自治の本旨にしたがって定められた法律です。地方自治体に住所を持つ住民の手によって自治を目指す。そして、住民で構成された団体によって自治を確立すること。これこそが地方自治の本旨です。住民の直接請求権はその一環でもあります。選挙権を持っている住民の署名を2%集めることで条例の制定あるいは改廃の請求が可能です。これは代表者を通じて、地方公共団体の長に送付することで、議会に付議され新たな条例が可決します。

伊東くりにっくは、ヘルニア治療を最も得意とする専門医院です。

桜台でおすすめの接骨院があれば教えてください。

自動車板金などの工具を高値で買取!大阪以外の地域の方でも対応可能

埼玉の弁護士による遺言相続相談

法律 制度 違い関連一覧

制度と法律。どちらも人間を縛る物には違いありません。では、この二つの違いは何か。まず、制度とは社会に

法律と制度のあまり知られていない違い

日本とアメリカの法律の違いには分かりやすいもので銃制度が存在する。アメリカでは銃の所持は認められてお

日本とアメリカ法律の違い

法律と制度はどちらも「約束事」ということで似ているような感じがありますが、非なるものです。では、どの

法律と制度の違いとは

Copyright(c) 法律 制度 違い All Rights Reserved.